禁煙専門外来ではニコチネルパッチかチャンピックスの処方が主

タバコの喫煙による健康被害が広く理解されるようになった現在、禁煙治療の専門外来が多くの医療機関に設置されています。
禁煙外来に訪れた喫煙者は、問診票を記入した後に医師の診察を受け、治療が必要だと判断されれば、3ヶ月間にわたる禁煙治療が始まりますが、治療開始とともに禁煙補助薬としてニコチネルパッチとチャンピックスのどちらか一方が処方されます。

ニコチネルパッチは名称からもわかるように貼り薬です。
パッチにはニコチンを含む薬剤が封入されており、上腕部、お腹、背中のいずれかに貼ると、薬剤が皮膚から体内に浸透していきます。
ニコチネルパッチを使った禁煙治療は、ニコチンの封入量が異なる複数のパッチを用いて、徐々にニコチンの量が少ない環境に適応させていく方法で行われます。
ニコチネルパッチ自体は薬局やドラッグストアで一般用医薬品として販売されていますが、禁煙外来で処方されるニコチネルパッチは一般用医薬品よりパッチの種類が多く、より離脱症状による影響が少なくなるよう工夫されています。

一方、チャンピックスは飲み薬で、医師に指定された時間に決まった量を服用していきます。
チャンピックスの大きな特徴は、薬剤中にニコチンが一切含まれていないことで、代わりに有効成分であるバレニクリンがニコチン受容体をブロックしながら、自ら受容体を刺激してドーパミンを放出させます。
チャンピックスはこの作用によって、ニコチンを取り込むことなく離脱症状と喫煙に対する欲求を減らすことができ、ニコチネルパッチを使う方法より確実に禁煙を成功に導くことができます。

禁煙専門外来がある医療機関では、処方薬を決める際にはまずチャンピックスの選択が優先され、ニコチネルパッチはチャンピックスの服用が適さない患者に対して使用するようにしているところが多いです。

関連記事
タバコが吸えない企業も増加しています 2020年02月28日

数ある企業の中には社内に喫煙ができる個室を用意し、そこで自由にタバコを吸えるようにしている企業もあります。ところが昨今の禁煙ブームや嫌煙者の増加によって喫煙スペースを撤去している企業が増加しているのです。その為、社内では吸う場所がなくなってしまったり、さらに徹底している企業ですと敷地内で吸うことも禁...

チャンピックスを使うやり方ならまわりに左右されない 2019年12月17日

禁煙を何度も失敗していると、やり方が悪いのではないかと考えその都度色々な方法をためしてみるという人は多いものです。しかし、失敗する度に色々なやり方をころころ変えていても上手くいくものではなく、効果的な方法をしっかりと試すことが一番重要なことになります。禁煙をしている時にはまわりの環境に左右されてしま...

禁煙が成功したら太ることに!? 2019年11月17日

チャンピックスは、第1週目は喫煙しながら使うという点で、変わっている薬です。最初から禁煙を実行するのではなく、1日目~7日目までは禁煙する必要はありません。もちろん、途中でタバコが自然に吸いたくなくなったら吸わなくてOKです。そして、8日目になったら薬を飲み続けながら禁煙を開始します。スタートダッシ...

禁煙はチャンピックスと協力者の助けが必要です 2019年10月19日

海外では、タバコのパッケージに喫煙で汚れた肺がデザインしてあったり、肺がん患者の末路などが描かれていて、グロテスクです。これだけで吸いたい気持ちが減退する人もいます。目から入ってくる情報の威力というのは、思いのほか強いものです。見ているだけで嫌になるという視覚の効果を狙っています。日本のタバコのデザ...

手縫いボール使用のオリンピックとチャンピックス 2019年09月21日

2020年に開催される東京オリンピックでは、2008年の北京オリンピック以来3大会ぶりに、野球とソフトボールが公式競技として復活します。これらの競技は日本での人気が高いということと共に、手縫いのボールを使用しているということが共通しています。このために、競技に出場する以外にも多くの人が参加していると...