チャンピックスにはどんな副作用が存在する?

タバコの箱

チャンピックスは禁煙のために使われる薬です。どのような副作用があるか、ですが、副作用の前に、チャンピックスがどのようにして効果を発揮しているのかを理解すると、副作用についても理解しやすいです。
ですから、どのようにして効果を発揮するかを先に説明します。
チャンピックスは、たばこに含まれるニコチンに似た働きを持っています。
たばこを吸うと、たばこに含まれるニコチンは肺から吸収された後、脳神経に作用します。
脳神経の細胞には、ニコチンが結合するところがあります。
これを、ニコチンレセプターと呼んでいます。
このニコチンレセプターにニコチンが結合することで、ドーパミンと呼ばれる化学物質が放出され、これが心地よさを感じさせるという流れになっています。
チャンピックスは、ニコチンと同じようにニコチンレセプターに結合します。
ただし、ドーパミンを放出させる働きは、ニコチンほどではありません。
ここまで理解すると、チャンピックスの副作用も理解しやすくなります。
すなわち、ある程度ニコチンと同じようにドーパミンを放出させる働きがあることから、吐き気、頭痛、便秘などの症状が起こりやすくなります。
なお、一部には、精神神経系の副作用、例えば不眠やうつ状態になったり、特に重いものでは自殺を図るなどといった副作用が起こることがあるとされています。
これらの症状が起きる理由はまだよく分かっていません。
精神神経系の症状ですので、ニコチンレセプター以外の別の脳細胞レセプターに作用している可能性が考えられますが、はっきりとはしていないのです。
チャンピックスを飲み始めたときはこれらの症状にも注意し、おかしいと思ったら主治医に相談するようにしましょう。

関連記事
タバコが吸えない企業も増加しています 2020年02月28日

数ある企業の中には社内に喫煙ができる個室を用意し、そこで自由にタバコを吸えるようにしている企業もあります。ところが昨今の禁煙ブームや嫌煙者の増加によって喫煙スペースを撤去している企業が増加しているのです。その為、社内では吸う場所がなくなってしまったり、さらに徹底している企業ですと敷地内で吸うことも禁...

禁煙専門外来ではニコチネルパッチかチャンピックスの処方が主 2020年01月21日

タバコの喫煙による健康被害が広く理解されるようになった現在、禁煙治療の専門外来が多くの医療機関に設置されています。禁煙外来に訪れた喫煙者は、問診票を記入した後に医師の診察を受け、治療が必要だと判断されれば、3ヶ月間にわたる禁煙治療が始まりますが、治療開始とともに禁煙補助薬としてニコチネルパッチとチャ...

チャンピックスを使うやり方ならまわりに左右されない 2019年12月17日

禁煙を何度も失敗していると、やり方が悪いのではないかと考えその都度色々な方法をためしてみるという人は多いものです。しかし、失敗する度に色々なやり方をころころ変えていても上手くいくものではなく、効果的な方法をしっかりと試すことが一番重要なことになります。禁煙をしている時にはまわりの環境に左右されてしま...

禁煙が成功したら太ることに!? 2019年11月17日

チャンピックスは、第1週目は喫煙しながら使うという点で、変わっている薬です。最初から禁煙を実行するのではなく、1日目~7日目までは禁煙する必要はありません。もちろん、途中でタバコが自然に吸いたくなくなったら吸わなくてOKです。そして、8日目になったら薬を飲み続けながら禁煙を開始します。スタートダッシ...

禁煙はチャンピックスと協力者の助けが必要です 2019年10月19日

海外では、タバコのパッケージに喫煙で汚れた肺がデザインしてあったり、肺がん患者の末路などが描かれていて、グロテスクです。これだけで吸いたい気持ちが減退する人もいます。目から入ってくる情報の威力というのは、思いのほか強いものです。見ているだけで嫌になるという視覚の効果を狙っています。日本のタバコのデザ...